渭北地区 津波避難計画

平成25年に「地震・津波避難支援マップ」を作成したわけですが、すべての住民が無作為・一斉に緊急避難をすると特定の場所や一定の施設に集中してしまう恐れがあります。このため、平成31年2月に渭北街づくり協議会が徳島市の支援を受けて「この地域の人は・・・へ逃げましょう!」という割り振りを行いました。割り振りに当たっては、地区内全町の町内会長に参加していただいて5回のワークショップを行い、全会一致で割り振りを承認して頂きました。
割り振りに当たっては、「災害時要支援者の方は垂直避難と最寄りの避難ビルへ!」の方針を立てたり、「遠くの町の方々も時間内に避難できるようにするため近くに避難ビルがあっても少し離れた避難場所へ行く!」の方針も了承していただきました。その結果、南海トラフ巨大地震の発生後に第1波が到達すると予想されている「41分後」に100%の避難が完了するシミュレーションができました。
結果の内容は小冊子にまとめて製本しすべての町内会長さんに配布しました。電子媒体では徳島市役所のHPから誰でも閲覧できるようになっています。また、製本済みの小冊子については実費のみの販売もしていますので渭北コミセンまでお問い合わせ下さい。

第1回役員会での講義風景2018

避難経路の危険箇所を検討するワークショップ

できあがった小冊子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。